オーダーカーテンのdecorators
contents
オーダーカーテンのdecoratorsがテレビや雑誌で紹介されました
オーダーカーテンショップ hideki、インテリアビジネスニュースに3週連続で登場!
【2017年3月10日、3月25日号 インテリアビジネスニュース(月2回発行)】
オーダーカーテンのDecorators hidekiがインテリアビジネスニュースで2週にわたり、海外トレンド エディターの動向について”しゃべくり報告”をしました。
インテリアビジネスニュース 2016.3.10   海外トレンド しゃべくり報告 エディターの動向@

「静寂」が外せないトレンドに

アフリカンの動向にも要注目!
インテリアビジネスニュース 2017.3.25   海外トレンド しゃべくり報告 エディターの動向A

どうして必要かを大切に

今一度見直していきたい

オーダーカーテンショップ hideki インテリアビジネスニュースで2017年のトレンドを報告
【2017年2月15日 インテリアビジネスニュース】  heimtextil 2017 しゃべくり報告(企業ブース編)
インテリアビジネスニュース 2017.2.25 2017年のインテリアトレンドについて報告しました。
     細分化された欲求への理解と
     消費者のエモーショナルな
     部分へのアプローチが大事

幾何学柄がさらに増加 トロピカルは表現が多様化

カーテンショップ hideki インテリアビジネスニュースで2016年のトレンドを報告

【2016年2月10日 インテリアビジネスニュース】

インテリアビジネスニュース 2016.2.1.

2016年のインテリアトレンドについて報告しました。

     プロセスやストーリーが重要に

概念の変革を迫る”Well-Being4.0”


カーテンショップ hideki、インテリアデザイナーの住む家で紹介されました!
【流儀やテクニックに学ぶ上質空間のコツ インテリアデザイナーの住む家】
インテリアデザイナーの住む家-1 インテリアデザイナーの住む家-2 インテリアデザイナーの住む家-3
  自宅は壮大な実験場。オリジナルのデザインを日々研究する
   デザイナーにとっての自宅は、革新的なデザインやウィンドウトリートメントを臆さず
   に試すことができる実験場。
   さらにその成果を顧客に伝えるショーハウスです。
  アシンメトリーが駆使された”ここにしかない”デコレーション

カーテンショップ hideki、インテリアビジネスニュースに2週連続で登場!
【2016年2月25日、3月10日号 インテリアビジネスニュース(月2回発行)】
インテリアビジネスニュース 2016.2.25 インテリアビジネスニュース 2016.3.10 hidekiがインテリアビジネスニュースで2週にわたり、Paris Deco-Offについて”しゃべくり報告”をしました。

カーテンショップ hideki インテリアビジネスニュースで2016年のトレンドを報告

【2016年2月10日 インテリアビジネスニュース】

インテリアビジネスニュース 2016.2.1.

2016年のインテリアトレンドについて報告しました。

     プロセスやストーリーが重要に

    概念の変革を迫る”Well-Being4.0”


カーテンショップ hideki、東京JAPANTEXに7年連続で登場!
【2015年11月20日 東京JAPANTEX】
オーダーカーテンのhideki、2015Japantex

カーテンショップ hideki、インテリアビジネスニュースに2週連続で登場!
【2015年2月10日、25日号 インテリアビジネスニュース(月2回発行)】
hidekiがインテリアビジネスニュースで2週にわたり、ヨーロッパのトレンドについて”しゃべくり報告”をしました。

1週目はテーマは「EXPERINECE]

そして2周目はパリのトレンドは”Make”クラフト感が随所に!

カーテンショップ hideki、東京JAPANTEXに6年連続で登場!
【2014年11月13日 東京JAPANTEX】
2014Japantex
知ってましたか? 東京の豊島区でさえ空室率が18%こえてることを!
  世の中は住宅がもう余りまくってるんですね。
それでも、新築神話が強い日本では新築が建ち続けているんですね〜。
欧米と違ってどんなにきれいな家を作っても20年経つと建物の評価額はほとんど0になって、土地だけの評価になってしまうのにね〜。
そろそろ、そのことにみんな気がつき始めて、
めざとい人たちは中古物件を買ってリノベーションしてるんそうなんです。
そこでインテリアデザインが大事になってきてるんですということで、今回は新築需要からリノベーション需要へと世の中がシフトしていることに誰よりも早くデータをそろえ訴えたパイオニア島原万丈さんとリノベーションで街を再生させて、今や国交省をも動かす嶋田洋平さんを迎え、ヒデキと3人でリノベーションの世界でのインテリアの立ち位置について、トークさせていただきました。
 
 
オーダーカーテンのhidekiはインテリアスタイリングのプロ
インテリアスタイリングプロの住む家
  コーディネーターを選ぶ時はその人の住まい方を似るのが一番です。
5人のデザイナーがどんな風に住んでいるのか、インテリアはどんな感じか、自宅をみなさんに披露しながらそのこだわりを話すというステージにヒデキもあげていただきました。
ヒデキたちは既にホームページで自宅を公表してるので、未公開部分とインテリアにまつわる裏話をお口汚し程度に(笑)お話しさせていただきました。

※こちらのステージは好評の上、2015年後半に本になりTOSO出版から出版される予定です。
 


ジャパンテックス公式サイト

オーダーカーテンのDecoratorsがテレビで紹介されました
【2013年12月9日放映 朝日放送 ”せのぶら”】
「デコレーターズ」を訪れた妹尾は、様々な柄のカーテンを発見。
こちらには3000種類以上のカーテンが置かれており、インテリアデザイナーのお店だという。
また、こちらのご主人はインテリアファッションで賞を受賞したこともある。

(番組紹介サイトより引用)

>>視聴はこちら

カーテンショップ hideki、東京JAPANTEXに5年連続で登場!
【2013年10月24日 東京JAPANTEX】
 
今年のテーマは『業界のフロントランナーが語る、新発想空間デザイン力』


10月24日15時から1時間ほどのパネルディスカッションです。

2009年から続く人気のインテリアトークセッション第5弾。
業界で話題沸騰の3名をパネラーに迎えて、今年も海外の著名な賞を受賞するなど、絶好調の西垣ヒデキが元気の出るトークショーを演出します。

カーテンショップのhideki、東京JAPANTEXにて5年連続で去年に引き続きメインイベントでおしゃべりさせていただくこととなりました。

ジャパンテックス公式サイト

アパッチがオペラ&パーティーのイベントのエントランスデコレーション
【2013年10月12日 LA DOLCE VITA】
アパッチ(decorators ヒデキ&シオとART Kの後藤くんのデコトリオ)がエントランスデコレーション
山中教授が受賞された時のノーベル賞晩餐会で振る舞われた日本酒『福寿』
その醸造蔵で開かれるオペラ&パーティーのイベントのエントランスデコレーションをアパッチ(decorators ヒデキ&シオとART Kの後藤くんのデコトリオ)でさせていただくことになりました。
パーティーも40年代ファッションのドレスコードあり、もちろんそのお客樣方もすばらしい面々。
オープンエアーでのウエーティング時から福寿さんの新酒を振る舞われ、バックミュジックは弦楽カルテットの生演奏、映画「華麗なるギャツビー」を彷彿させる雰囲気ですごすぎです。

アパッチで担当したのは、そこからさらに会場の蔵に入った瞬間に目に入る、本エントラスのデコレーション40年代のサーカスのイメージでデザインさせていただいたコーニスバランスとディーバ(歌姫)をイメージした生地やドレスをイメージしたCHACHAもなかなかの雰囲気を醸し出しており、ヒデキワール全開でした。

予想以上の多くの方におほめの言葉をいただき任務完了!!
たった1夜の夢物語のためのデコレーションとしてはあまりにももったいないと、IFDAさまよりお声をいただきまして、日本最大のインテリア見本市「JAPANTEX」での展示の機会までいただきまして、1か月後、東京で展示されることとなり、ヒデキ感激!でした。
多くの関係者の方々、ならびにお客樣方に感謝です。

カーテンショップ decorators がTVで紹介されました
【2013年7月24日 読売テレビ:かんさい情報ネットten
読売テレビ・かんさい情報ネットtenの”街かどトレジャー”でオーダーカーテンのDecoratorsが紹介されました。トレジャーハンターのますだおかだの増田さんがDecoratorsとhidekiを直撃!!
街かどのお宝発見ということで、ここでもhidekiワールド全開の内容でした。
つけられたあだ名が”高槻のドン小西”。

オーダーカーテンショップ hidekiの作品が紹介されました!

【2011年9月号 I'm home】

インテリア関係の雑誌としてはトップクラスの「I'm home」よりファブリックのコーディネート依頼がhidekiにあり、hidekiの考えたコーディネート作品が掲載されました。
House in Dress−ファブリックの魅力−
風に揺れるドレープ、布が織りなす淡い淡い陰影・・・。
表情豊かなファブリックは直線的になりがちな日本の建築空間に柔らかな印象をもたらしてくれる。
最近ではリネンやコットンなどの天然素材が注目され、ファブリック特有の魅力である心地よさが、いっそう重視される傾向にある。
今回は、シンプルで質感豊かな素材を選び、加工や仕立てを加えることで、オリジナリティーあふれるインテリアとなるファブリックづかいを紹介する。
ファブリックによって、シンプルな空間がどのように変化するか。
インテリアデコレーターとして活躍する、カーテンショップのオーナーでありインテリアコーディネートを手掛ける西垣ヒデキさんがコーディネートを提案。
RC造り南向きに大開口(幅4.5m×高さ3.5m)があり、床は磁気質タイル張り、壁とインテリアは白で統一したリビング空間を、ファブリックを用いて「I’m home.スタイル」の住まいにアレンジする。

東京国際フォーラムにおいてインテリアコーディネーターおよびプロに向けて開催される
「WITH CURTAIN」において デモンストレーションデコレーション!
【2011年9月14日 東京国際フォーラム・「WITH CURTAIN」】
オーダーカーテンのhideki、9月14日(水)有楽町にある東京国際フォーラムにおいてインテリアコーディネーターおよびプロに向けて開催される「WITH CURTAIN」においてデモンストレーションデコレーションをやらせていただくこととなりました。
日本の主要なカーテンブランド10社が集まり、そのデザイナーならびに開発担当者が自らが新作をプレゼンするイベントです。
会場では隣接する展示スペースで10社の新作デモンストレーションのデコレーションをたった一人(組)のデザイナーにつくらせます。
主催者公式ページ  http://www.toso.co.jp/new/2011/news1108_2.html
今年はオーダーカーテンdecoratorsのヒデキとSHIOにオファーがきて、デコさせていただくこととなりました。
これも皆様のご支援のおかげです。感謝しております。
この上は一生懸命にデコしていきますのでよろしくお願いいたします。

カーテンショップ hideki、関西インテリア産業協会のトータルインテリアキャンペーン2010で講演!
【2010年11月24日 関西インテリア産業協会のトータルインテリアキャンペーン2010】
カーテンショップのhideki、関西インテリア産業協会のトータルインテリアキャンペーン2010でセミナーのオファー(招聘)を受けてしゃべらせていただきます。
「ヒデキ流快適住空間」というお題でIC/キッチンスペシャリストの前でおしゃべりさせていただくこととなりました。

自分がお家を建てたときに建築家やICの方とお客としてお付き合いしたときに思ったことや失敗談・留意点。
どうしてこうなったんだろうを含めて、 案外自分が普段気づいてないだけで自分も同じことをしているかもです。お〜怖。

今回もプロの方々の前でやや緊張気味ではありますが、何とか、楽しく何か1つでも足を運んで良かったと思っていただけるようお話していきたいと思います。

平成22年11月24日(水) 13:00〜17:00
綿業会館 7階大会場
  インテリア産業協会HP

カーテンショップ hideki、東京JAPANTEXにて去年に引続き登場!
【2010年11月18日 東京JAPANTEX】
カーテンショップのhideki、東京JAPANTEXにて去年に引き続きメインイベントでおしゃべりさせていただくこととなりました。
今年のテーマは『匠たちの仕事の流儀』

11月18日13時30分から1時間ほどのパネルディスカッションです。

今年はデザイナーが2人、デコレーションする側が2人で何か去年とはまたまったく違う話し合いになると思うので今から楽しみです。
去年もこのパネルディスカッションがJAPANTEXの催物で一番人気だったようで(終了後アンケート結果)今年もそうなるように話せたらいいな〜と思います。

    ジャパンテックス公式サイト

カーテンショップ hidekiの作品が紹介されました!

【2010年9月 インテリアファブリックス】

トーソー出版から出版された塩谷弘子先生著、インテリアファブリックスの本の中でデコレーターズの作品がピックアップされました。
アシメトリで革新のハイスタイル
時代や様式を超え、異なる素材や色柄を組み合わせ、上質なインテリアを作るのがハイブリッドスタイル。
さらにアシメトリ(左右非対称)を駆使して、革命的ともいえるスタイルを創出します。

モダンでセクシー、しかもエレガントなインテリア演出がデザイナーのコンセプト。
どきどきするような大柄と色の組合せでトレンドの大きな窓を大胆にあしらいます。

カーテンショップ hidekiがコーディネーターとして紹介されました!

【2010年8月 「クォリティー38】

ハウジングエージェンシィー社より出版された「クォリティー38」にてコーディネーターとしてピックアップを受けました。

インテリアコーディネーター5万名の中から「クオリティが高い」「得意分野がある」「仕事ぶりを評価されている」38名を選抜。心から満足できる新築・リフォームに欠かせない住まいづくりの強力パートナーがきっと見つかる!

ワールドクラスのデコレーターズスタイルをあなたに

国際コンペ優勝のセンスをインテリアを楽しみたい方にご提供!
独自のソフトファニッシングスタイルを切り開き、海外でも高い評価を獲得。インテリアもファッショナブルに着替えてほしいと、遊び心に満ちたデザインを提供する。


カーテンショップ hidekiのヨーロッパ転戦のレポート記事が紹介されました!

【2010年3月14日 インテリアビジネスニュース】

インテリアビジネスニュース2月号に掲載されたフランクフルト ハイムテキスタイル2010とパリのメゾン・ド・オブジェのレポート記事がWEB版で公開されました。

・2010年2月23日配信 ハイム企業ブース編
               ハイムトレンド編

・2010年3月14日配信 メゾントレンド編


カーテンショップ decoratorsが基調セミナーを務めました!
  【2010年3月3日 TOTAL INTERIOR CAMPAIGN2010】
3月3日にインテリア産業協会九州支部からオファーをいただき、TOTAL INTERIOR CAMPAIGN2010にて基調セミナーを250名のインテリアコーディネーターとキッチンスペシャリストの方々を前に開かせていただきました。
 
     
  大勢のプロの方を前に毎度の事ながらいささか緊張気味でした!!   九州のIC/KSのみなさんはとても熱心でこちらも力が入ります。  
 
講演の後はパーティーとなり、皆さんとパチリ
   
 
自分の名前や作品写真でパンフレットができるなんて光栄です。
 

カーテンショップ decoratorsがサロン ド カサマンスというイベントの顔に!
【2009年11月10日 サロン・ド・カサマンス】
東京のデザイナーズウィークでフランスのファブリックメーカーより「サロン ド カサマンス」というイベントの顔として「カサマンス ミーツ クリエーターズ」の4人のうちの一人(組)にヒデキ&SHIO が選ばれてディスプレイをしています。 <新作発表会を行います>
「CASAMANCE新作特別展示スタイリストの紹介」
 ■ 日時 11月13日(金)17:20〜

SALON DE CASAMANCE  http://news.casamance.jp/
作品とヒデキ
仮屋崎省吾さんの愛弟子竹内さんとヒデキ
何かが足りないと重い設営当日にトリムを手縫いでつけるヒデキ
何かが足りないと思い設営当日にトリムを手縫いでつけるヒデキ
  大阪にいると、メディアでみるデザイナーウィークのなんともきらびやかな響き(聴覚&視覚をも刺激するんでこの表現が正しいかも)
いつか参加したいな〜とおぼろげに見ていたところ、今回このお話が降ってきました。
世の中捨てたもんじゃないなぁ〜、インテリアの神様ありがとうございます!
いざ、お話が進むうちにお祭り気分から自分たちが何を伝え・何を表現したいのかという自分たちの内面へ問いかけようになりました。
いや〜インテリアは深いな〜
結局今の僕たちにできることといえば「インテリアは楽しいのだー!」と大声で叫ぶことぐらい何ですよね。
こんな時代ですから少しスピードダウンして楽しむことができるのかもね
さて、みんなでちょっと楽しみましょうか!

燃える闘感(感性) アントニオ ヒデキ

カーテンショップ decoratorsがトークセッションでメインコメンテーター
【2009年11月10日 日本インテリアファブリックス】
日本最大のインテリアイベント・ジャパンテックスのトークセッションでメインコメンテーターを勤めさせていただくことになりました(東京ビッグサイトで開催)。

インテリアの各分野で活躍している”旬”の四人が集結。
軽妙なクリス智子さんの司会で繰り広げられる魅力たっぷりのトークセッションです。

<タイトル>
欧州3大インテリア展示会のトレンドを最先端のプロフェッショナルの目線で語る
■ 日時 11月12日(木)14:30〜15:30
■ 会場 アーキテクトカフェ(西1−31)

ジャパンテックスのサイト http://www.japantex.jp/

  ● トークセッションの内容はこちら ●
 
   トークセッションのメンバー(敬称略)は
     ・奈村弾:アジア人で初めてトレンドセッターに選ばれた日本人
     ・本田純子:日本人で唯一シグネイチャーブランド(*1)をヨーロッパでメジャー展開してる日本人
     ・木田隆子:世界で最も売れているインテリア雑誌エルデコの日本版編集長
     ・クリス智子:司会、JWAVEで帯番組を持っておられます
       (*1)シグネイチャーブランド:自身の名前をつけたブランド

   →JAPANTEXトークセッション記念ダンスビデオ Click!

カーテンショップ decorators が人間国宝!!
【2008年11月20日 関西テレビ】

関西テレビ放送「よ〜いドン!となりの人間国宝さん」でオーダーカーテンのdecorators・hidekiが人間国宝に認定されました。


カーテンショップ decorators がTVで紹介されました
【2008年5月 TV J:COM 11ch】

「かつみ・さゆりの仲良しが一番」でオーダーカーテンのお店として紹介されました。

 放映期間 5/1〜5/5


カーテンはお家の洋服 だから、楽しくカッコ良く
【2008年3月 朱夏 人生の夏を生きる女性たち】

大阪北摂・阪神を中心に地元で今一番輝いている「朱夏」な女性88人にカーテンを中心としたインテリアアドバイザーとして掲載されました。

   インテリアアドバイザー 西垣’SHIO’ミチ

カーテンは国内ブランドから欧州の有名ブランドまで幅広い品揃え。一見奇抜に見えるファブリックも「吹き抜け空間に絵のように飾ったり、アイデア次第でいろんな生かし方ができるんですよ」

2007年10月に店舗をリニューアル。ドアにシャンデリアにカーペット・・・、細部の仕様までこだわりがいっぱいです。
「面白くてカッコイイ小物の取扱いも始めました」 >>>

カーテンのセレクトショップ

オーダーカーテンのインテリアコーディネーター
【2008年1月 From A】
良質のオーダーカーテンを提案

「人生の先輩が語る・・・自分を信じて進み続けた10年間」のコーナーでオーダーカーテンのコーディネーターとして紹介されました。

   インテリアコーディネーター 西垣ヒデキ

  持前のセンスと情熱、そして真摯な姿勢を武器に空間全体の
    コーディネートを視野に入れた良質のオーダーカーテンを提案している。

カーテン・壁紙・カーペット  生活の場を演出するデザイン
【2003年12月 Front】
良質のオーダーカーテンを提案

部屋を彩る自然の息吹
産業革命が進み、自然破壊や環境汚染が進むなか、モリスは樹木や草花の生命を汲み取った美しいデザインを人々が日常生活に取り入れることを願った。

私とウィリアム・モリスというコーナーでhidekiがオーダーカーテン・コーディネータの立場でコメントを発表しました。



※雑誌の表紙は「オーダーカーテン・プロショップ hideki(当時)」の店内写真です。




  • オンラインショッピング
  • オーダーカーテン
  • 革・ラグ製品
  • アクセサリー
  • ファブリックパネル・雑貨
  • カートの中を見る
  • 当店のこだわり
  • 支払方法・送料
  • 法律に基づく記載

このページのトップに戻る