オーダーカーテンのdecorators
contents
My sweet home 2010

ケーススタディーホーム、そう実験ハウスです。
ヨーロッパで見聞き勉強したスタイルや感動した色々なテクニックを試して、お仕事にフィードバックしています。
また、コーディネーターや建築家のセンスや技量を知るにはその本人のライフスタイルを観るのが1番の近道だと信じます。
けっして行き届いた誇れるスタイルではないと思いますができるだけ「すっきり住まう」を基本に暮しています。
今年度はBEDROOMをリメイク
「カントリーサイドセレブのアーバンリゾート」がテーマです。
普段は中南米や中東のリゾートに住むセレブがバカンスに住むマンハッタンやパリのアパルトマン。


過去のMy sweethome  2009年 2008年 2007年

ベッドヘッドの上には天蓋をつけました。
形はバロックスタイルのシンプルなもの、但し、マテリアルにはフェイクファーの白を使いこのファーはカーテンのヘムにつながっていきます。
天蓋から吊られたカーテンは窓とおそろいの白黒ストライプにブラックベルベットをサイドにつけ、裏地にはヒョウ柄を付けました。
すごくよく眠れるのに驚きました。試さないとわからないものですね。

ベッドヘッドの上の窓にもストライプのシェードをつけ裾にファーでヘム、レースにはガーリーピンクの麻の生地でオーストリアンシェードをダブルシェード。
天蓋に見えるイエローのクラッシュベルベットは内アールに切り込んだアールの強調の意図があります。裾に付けたオーナメントは実はクリスマスのものです。

ベッドスローにもファーを使い、アンティークデザインリングをちりばめました。 
スタンドのシェードの裾にはトルシアギルドに選んでもらったトリムを付けました。
桜もいい感じで育ってきました。「月と桜」 
くつろぐJACK

全体的にモノトーンでまとめ、アクセントのショッキングピンクを挿し色に。デコレーターズらしい FUNNYをあちらこちらにちりばめました。
夜にはこんな表情を見せてくれます
ベッドの正面の壁にはフラマンのコンソールを置き、鹿のヘッド(フェイク)をかけました。
TVを掛ける予定の壁でしたが、やっぱヒデキが普通にTVかけちゃだめでしょ。
カーテンは上品なシルクのストライプを使い、ハイブリット(左右非対称)にデザインしました。
シルクには裏地の変わりにヒョウ柄のドレープをパリっぽく
庭から見る正面です。 おっと、ダイニングのバーチカルブラインドが乱れてました。
ステキなクッションが1つあるだけで世界観がでるんですよね。ちなみにウインクやベーしてるクッションはフォルナセッティーデザイン。
キッチンのシャンデリアにパリで買ってきたシェードをかぶせました。
JACKでした(笑)
  • オンラインショッピング
  • オーダーカーテン
  • 革・ラグ製品
  • アクセサリー
  • ファブリックパネル・雑貨
  • カートの中を見る
  • 当店のこだわり
  • 支払方法・送料
  • 法律に基づく記載

このページのトップに戻る